ニュース

ミス沖縄が秘境ツアーに参加してくれました!

2019年7月10日に、ミス沖縄と沖縄観光コンベンションビューロのスポーツチームのスタッフ、そして新聞記者の皆さんが、東村のツアーに体験に来てくださいました!

リンク:
沖縄観光親善使節ミス沖縄 facebook 2019年7月11日の投稿へのリンク
missokinawa2019 instagram 滝ジャンプの動画へのリンクツアーの写真と紹介へのリンク
スポーツアイランド沖縄 facebook 2019年7月11日の投稿へのリンク

今回は、帆掛けサバニで福地ダムを渡って、カタナバーと呼ばれる沢をトレッキングするというスペシャルツアーでした。

このツアーは、福地ダムからスタートします。当日の天気は曇りときどき小雨、連日の雨の影響で、福地ダムの貯水率は100%でした。

1

通常の、やんばるの森の秘境ツアーはカヌーでダム湖を移動しますが、今回は特別、サバニでご案内しました。サバニは、沖縄の伝統的な木造船です。東村観光推進協議会に所属する、やんばるエコフィールド島風(https://www.shimakazi.com/)が船を出しました。

2(写真提供 OCVB)

サバニにはエンジンがないので、風の力と参加者みんなの漕ぐ力で進みます。行きは追い風で風向きが良かったため、スイスイ~と進み、ほとんど漕がずに対岸にたどり着きました。ジャングルのような森に、ミス沖縄の3名もわくわくが高まっているようでした。

3

カタナバーの沢を登り始めたら、さっそくシリケンイモリに遭遇!興味津々な、ミス沖縄スカイブルー・玉城真由佳さんでした。やんばるの亜熱帯の森では、たくさんの珍しい動物、植物に出会うことができます。

4

沖縄本島の水源となるやんばるの清流、ヒカゲヘゴの木、大きな岩とそこに生えるコケなど、まさに秘境!な雰囲気満点の沢を、20分ほどかけて登っていきました。ところどころ、小さな滝のようになっていて、水の流れも速くなっていました。足を取られないように一歩一歩進みました。

5

6

最後にたどり着いたのは高さ3mの滝と、その下に広がる滝つぼです。ミス沖縄の3名も、雨で雨量が増して水がバシャバシャ降りかかる滝を一生懸命登りました。そして、滝からジャンプ!3人の中で最初にチャレンジしたのは、ミス沖縄コバルトブルー・スピーナ瑛利香さんでした。最初はかなりドキドキしている様子でしたが、さすがの度胸でしっかりジャンプしていました。もう2人も続いてチャレンジしました。

78

ひとしきり滝を楽しんだら、沢を下り、向かい風の中がっつりサバニを漕いでスタート地点に戻りました。

ツアーの後は、東村特産のパイナップルを食べながら今日の感想を教えてもらいました。「なかなかできない本格的な滝トレッキング体験でした。ダムの施設に入れたことも、貴重な体験でした。とてもリフレッシュできた一日でした。」(ミス沖縄クリーングリーングレイシャス・譜久里美樹さん)

9-2

お忙しい中、東村にツアーを体験しにお越しいただき、ありがとうございました!皆さんも、やんばるの森の秘境ツアーに参加してみませんか!?ツアー詳細はこちらから。申し込みはこちらから。

※通常のやんばるの森の秘境ツアーは、サバニではなくカヤックでの移動となります。サバニ乗船をご希望の方は、やんばるエコフィールド島風(https://www.shimakazi.com/)にお問い合わせください。また、滝からのジャンプは、その日のフィールドの状況やお客様の体力によって、実施できない場合もありますこと、その他ツアーの内容は回によって多少異なりますことをご了承ください。